宮古島観光人 宮古島の観光ポータルサイト
TOP > オトーリというお酒の飲み方について

オトーリというお酒の飲み方について

 オトーリは宮古島諸島(宮古島・伊良部・池間・来間・大神・多良間)での独特のお酒の飲み方です。

沖縄本島や石垣島などでは行われませんので、1度は体験してみてください。


やり方

お酒を作ります

 泡盛とお水をピッチャーに3:7~4:6の割合で氷を入れて割ります。このときよく混ぜましょう。


グラスを用意します

 オトーリ用の小さいグラスを用意します。居酒屋さんであれば、オトーリグラスが置いてあるのでお願いしましょう。


親を決め、挨拶

 誰が親になるか決めます。親の方は、オトーリグラスに飲める分だけ注ぎ、口上を述べます。この時、ネガティブなネタを言ってはいけません。思いつかない方は、自己紹介をします。よくあるケースとしては、皆さんへの感謝の気持ちを述べます。
口上が終わりましたら、グラスを飲み干します。


子へお酒を回す

 親は子へ、子が飲める分だけお酒を注ぎ、グラスを両手で渡します。子は受け取ったらすぐに飲み干し、両手でグラスを返します。


一周終えたら

 一周しましたら、親は締めの挨拶を簡単に行い、別の方を親指名します。
指名された親は、先ほどと同じように口上を述べ、お酒を皆さんに回します。


重要なことは・・・

 お酒を飲むことよりも、口上を述べることです。普段いえない感謝の気持ちを皆さんに聞かせるのがオトーリの目的です。



 

↑TOPへ